シミック、耳たぶセンサーで熱中症ストップ

2020/4/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

医薬品開発支援のシミックホールディングス(HD)が発売した熱中症を防ぐセンサー「ロブセンス」が注目を集めている。2019年から東北大学と共同で研究開発を進めてきたものだ。耳たぶの温度を測り、気温や湿度と合わせて解析する。建築現場や工場の監督者に異常を知らせ、作業員が熱中症になるのを防止する使い方を提案する。

ロブセンスはヘルメットに気温や加速度をはかるセンサーを内蔵した制御ボックスを装着し、クリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]