ヤンセンファーマ、医師がVRで「患者目線」学ぶ

2020/4/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)日本法人の医薬品部門であるヤンセンファーマ(東京・千代田)は仮想現実(VR)を活用した研修を医師向けに進めている。患者とのやり取りを疑似体験することで、同社の統合失調症治療薬の注射剤の扱いや患者とのコミュニケーションスキルを習得できる。新型コロナウイルスの感染拡大で医薬情報担当者(MR)の営業活動が制限される中、IT(情報技術)を駆使した医師への啓発活動…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]