日産、米国で医療用防具を生産

2020/4/3 22:43
保存
共有
印刷
その他

日産自動車は車の生産を休止している米国の工場や研究開発拠点で、顔全体を保護する医療用のフェースシールドの生産を始めた。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な同国の医療機関に寄付し、医療現場で役立ててもらう。

生産を始めたのはテネシー州やミシシッピ州にある工場と、ミシガン州の研究開発拠点。3Dプリンターを活用して週に数千個のフェースシールドを生産できる。日産は今月下旬まで米国にある工場を休止する予定だ。

米国では、米フォード・モーターや米ゼネラル・モーターズ(GM)が人工呼吸器など医療用品の生産を表明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]