コロナ、脱炭素の契機に 経済マヒで温暖化ガス急減

2020/4/3 23:00 (2020/4/4 4:02更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの世界的流行で温暖化ガスの排出が急減している。都市の封鎖や工場停止、航空便のキャンセルなどが相次ぎ、社会や経済がマヒしているためだ。だが、いずれ終息して経済が回復すれば短期間に排出が増える。化石燃料に依存する経済から脱却する機会と捉え、再生可能エネルギーなどに投資を振り向ける必要がある。

流行地域ではエネルギー消費や移動が減り、化石燃料などの使用に伴う大気汚染物質の排出が記録的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]