/

この記事は会員限定です

鳥取の食材 愚直に照らす、惣和会会長の宮崎博士さん

MyWay

[有料会員限定]

豊かな自然が良質な食材を生む鳥取県だが、食を目的にした観光客はどれほどいるだろうか。鳥取市の和食店、梅乃井店主、宮崎博士(39)は2017年に若手料理人で地元食材の活用策を探る「惣和会」を結成した。「食で地域を盛り上げたい」と願ってのことだ。

06年から10年間、修業先の大阪・北新地の料亭で料理長を務めた。県外に出て再認識したのは鳥取の食材の素晴らしさだった。野菜や海産物の質が高いことはもちろん、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り904文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン