/

この記事は会員限定です

自治体支援する新興企業続々 ITで行政効率アップ

[有料会員限定]

行政手続きの簡素化や自治体の情報収集を支援するスタートアップ企業が相次ぎ登場している。IT(情報技術)を活用して自治体と企業や住民の新たな関係を築き、行政サービスの向上とともに自らの業務効率化にもつなげる。ITで地域課題を解決する「シビックテック」が日本でも芽生えつつあり、自治体側も技術や発想に優れた新興企業に期待する。

秋田県横手市は1月、転出入届などの手続きに必要な書類や提出窓口がスマートフォ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2110文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン