/

この記事は会員限定です

親軍政権が停滞 タイ若者反旗 T・ポンスディラック氏

タイ・チュラロンコン大学准教授

[有料会員限定]

タイ政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に追われる中でも、反政府運動から逃れることはできない。足元の抗議活動の中心は、親軍政権に不満を募らせ、国を自分たちの側に取り戻そうとする若者らだ。人々は、2014年の軍によるクーデター以降の社会の機能不全などにより、国が損なわれたと感じている。

タイでは過去、農民ら貧困層を中心とするタクシン元首相派の「赤シャツ」と、伝統的支配層や中間層が多い「黄シャツ」が対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1613文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン