起業家・北里柴三郎に学ぶ 100年前の危機の教訓
本社コメンテーター 梶原誠

梶原 誠
本社コメンテーター
2020/4/4 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

低迷する東京株式市場で、逆行高を演じる銘柄がある。医療機器大手のテルモだ。4月3日までの1カ月間で日経平均株価が15%下げたのに対し、テルモ株は1%上昇した。

同社は人工心肺装置の国内最大手だ。装置は新型コロナウイルスに感染した重症の肺炎患者の治療に欠かせない。感染拡大による患者の急増で装置が不足する恐れが出ており、増産に乗り出した。

1921年に同社を立ち上げた1人に、ノーベル賞候補にもなった…

本社コメンテーター

グローバル市場

東京、ニューヨーク、ソウル、香港を拠点に市場を通して世界を見てきた。アジア通貨危機、日本の金融危機、リーマン危機も取材。編集委員、論説委員、英文コラムニストを経て2017年2月より現職。市場に映る全てを追う。

    ソーシャルアカウント:

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]