新型コロナ、北陸インフラにも影響 バス運休など

2020/4/3 18:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大の影響が北陸のインフラ事業者にも及んできた。北陸鉄道(金沢市)は3日、グループ会社の路線バスの運転手が感染したことを受けて、所属する営業所が担当する便を4~5日も運休すると発表した。交通・エネルギー関連の事業者もリスクを想定して対策に動いている。

北陸鉄道が運休するのは、金沢市や石川県野々市市などを走る15路線の一部。2日に野々市営業所(野々市市)所属の運転手の感染が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]