/

熊本市、5月6日まで休校 オンライン授業実施

熊本市教育委員会は3日、特別支援学校を含む市立学校の休校措置を5月6日まで延長すると発表した。当初は春休み明けの4月8~9日に再開する予定だった。市教委は「今がピークでなく、感染が拡大する恐れがある」としている。熊本県では計17人の感染を確認、うち15人が熊本市。

市教委によると、小中学校は、自宅でオンライン授業を行う。市教委の調査では、約3分の2の家庭が学習に適した大画面のタブレット端末やパソコンを持っている。未所有の家庭には、市が端末を貸し出す。

休校期間は放課後児童クラブ(学童保育)を閉鎖するが、緊急の場合や、小学3年までの医療・介護関係者の子どもは受け入れるという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン