/

リニア静岡工区の有識者会議、4月中旬開催で大筋合意 静岡県と国交省

静岡県の難波喬司副知事は3日、リニア中央新幹線の静岡工区を巡り、国土交通省の江口秀二技術審議官とテレビ会議で会談した。工区に関する国の有識者会議の初会合を4月中旬に開くことで大筋合意した。新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、テレビ会議システムの活用も検討することで一致した。

副知事は国が示した有識者会議の委員候補者に静岡工区の工事を受注した企業の社外監査役が含まれたことに改めて難色を示した。「(建設主体の)JR東海と利害を共有し中立・公正性に疑義がある」と、オブザーバーとしての参加も認めない考えを伝えた。技術審議官は「検討したい」と述べるにとどめた。

県は有識者会議の委員候補者を独自に公募しており、10日までに国に提案する意向も示した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン