/

英国風パブのハブ、直営114店休業 4~12日

英国風パブを展開するハブは3日、直営の全114店を4日から12日まで臨時休業すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府や自治体が外出の自粛を要請していることを受けて判断した。店舗の従業員の雇用や賃金は維持する方針で、休業期間中は自宅待機を求める。

同社は関東や関西圏を中心に英国風パブの「HUB(ハブ)」や「82(エイティトゥ)」を展開する。東京都などが夜間の外出自粛も要請しているなか、来店客や従業員の感染を防ぐため休業を決めた。

同社は正社員とアルバイトを合わせた約2000人の従業員がおり、休業の対象者には賃金日額の60%以上に相当する「休業手当」を支給する。休業は12日までとするが、感染拡大の終息が見通せないなか「(休業の)延長も状況をみながら慎重に検討する」(同社)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン