大阪の感染者、20~40代の比率6割に 重症化リスクも

2020/4/3 17:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大が続く大阪府で20~40代の働き盛りの世代で患者が増えている。直近1週間で新規患者が急速に拡大し、これらの世代で全体の6割超を占める。当初は軽症だった人が一気に重症化するケースもあり、府も状況を注視している。専門家は「高齢者以外のリスクを過小評価せず、不要不急の外出自粛などを徹底すべきだ」と指摘する。

「夜の繁華街への外出や飲み会を控えてもらいたい。それぞれの世代が行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]