/

この記事は会員限定です

「働く人にベスト」なタニタ流 人事部長、設計に奔走

さらば正社員~タニタの挑戦(3)

(更新) [有料会員限定]

「頑張る社員に報いるには正社員として雇い続けなくてもいいと思うんだ」

「正社員を辞めさせる」飲み込めず

2016年1月。正月休みが開けるや、総務人事部長(当時)の二瓶琢史(52)は谷田千里社長に呼ばれて、こう告げられた。「正社員を辞めてもらう」「個人事業主として契約する」「その方がやる気を引き出せる」「収入も増える」

熱く語る構想は常識で計りきれず、すんなり飲み込めなかった。「人員削減が本当の目的ではないのか? 体の良いリストラ策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2150文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

さらば正社員

タニタは正社員を業務委託契約に切り替える働き方革命に取り組んでいる。終身雇用や定期昇給を手放す見返りに、いつどこで働いてもよい自由と、頑張れば頑張った分だけの高収入と成長がつかめるという。本当にそんなにうまくいくのか。もしや「ブラック企業」か。はたまた「ホワイト企業」なのか。タニタの本音に迫る(この連載は本編4回と番外編1回で構成します)。連載「ストーリー」は、4月から「Nextストーリー」に生まれ変わりました。開発や企業改革のエピソードはそのまま、仕事に生かせるノウハウも取材。あなたの次につながるストーリーをお届けします。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン