/

この記事は会員限定です

コロナで相次ぐ資格試験延期、人材確保遅れ経営に影

[有料会員限定]

情報処理技術者試験やTOEICなどの資格試験が、新型コロナウイルスの影響で相次ぎ延期・中止されている。資格取得を昇格の条件にしている企業もあり、人事異動などで混乱が広がる。深刻なのは「運行管理者」などの国家資格だ。適切に配備できなければ営業停止のリスクも生まれる。新型コロナが、日本企業の人材戦略にも深刻な影を落としている。

「延期はやむを得ないが、このままでは人手不足を解消できない。綱渡りが続く」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1912文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン