/

この記事は会員限定です

衣料品の商慣習 下請けに圧力? 公取委が是正勧告

[有料会員限定]

ファッション業界で下請法違反の事案が絶えない。公正取引委員会は2月、商品の返品や減額を前提とした取引を問題視して婦人服販売のレリアン(東京・世田谷)に是正勧告した。華やかな業界イメージの水面下で、長年続く特有の商慣習が商品代の不払いや減額、返品といった問題事案の温床となっている。

「レリアンとは40年以上にわたり互恵的な関係にある。下請けいじめの構造とは違う」。公取委が2月、レリアンに是正勧告した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン