新型コロナで「敬遠」 カラオケ店が仕事場に

消費を斬る
2020/4/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鉄人化計画はカラオケ店「カラオケの鉄人」で約2週間、平日の昼間に部屋でテレワークがし放題になるチケットを販売

鉄人化計画はカラオケ店「カラオケの鉄人」で約2週間、平日の昼間に部屋でテレワークがし放題になるチケットを販売

NIKKEI MJ

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化するなか、風通しが悪く人が密集する場所で感染リスクが高いとされるカラオケボックスが苦境に陥っている。一方で1人で来店し、広々とした部屋を在宅勤務用に使う人が増加中だ。各社はテレワーク用のプランを相次ぎ設定。在宅勤務に疲れ、さらに自宅の利便性の悪さを感じ始めたビジネスパーソンの需要を取り込む。

「全部屋個室」「Wi-Fi完備」「電源あり」――。貸会議室の売り文句のような言葉が並ぶのは、鉄人化計画が展開するカラオケ店「カラオケの鉄人」の軒先に掲げられた「テレワークパスポート」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]