機械・航空部品、一段の減産も 米ボーイングの影響大きく

2020/4/3 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部に集積する工作機械各社も生産を減らしている。愛知県大口町や岐阜県可児市に工場を構えるオークマは、稼働率が6~7割という。休日は操業を取りやめた。DMG森精機は三重県伊賀市などの国内工場は稼働しているが、生産量の約5割を占める欧州7工場を4月から停止した。

各社の工場は2018年ごろまではフル生産に近い状態だったが、米中摩擦をきっかけに設備投資を先送りする取引先が続出。徐々に生産が細っていたと…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]