東京ムーブメント

フォローする

経済・社会見直す契機 応急策と改革の二段構えで
Tokyo2020再起動 苦境の先に(1)

コラム(社会・くらし)
2020/4/5 11:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの災禍が地球を覆い、2020年東京五輪・パラリンピックは1年の延期が決まった。前例のない仕切り直しは、経済や社会の根底にある課題を見つめ直す契機になる。苦境の現場から改革の芽を探る。

五輪延期で被る経済的な損失は6千億円程度――。経済学者やエコノミストの間でこうした試算が共通認識になりつつある。兆円単位の損失が想定された中止に比べれば軽微といえる。

三菱UFJリサーチ&コンサル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
田中ウルヴェ京さんは多くのトップアスリートのメンタルサポートを行っている

 新型コロナウイルス感染拡大により、大会の中止・延期が相次ぐなど、スポーツ界は多くの問題に直面している。経験したことのない状況が続く中、アスリートはどのように過ごせばいいのか。1988年ソウル五輪シン …続き (5/24)

ナショナルトレーニングセンターが閉鎖されるなど、練習場所を失い不安を抱えている選手も多い=共同共同

 練習拠点の閉鎖に、相次ぐ大会中止の報……。新型コロナウイルスの影響がスポーツ界全体にも大きく広がるなか、心の不調を訴えるアスリートが増えている。各競技団体は専門家と連携して対策を急ぐが、選手のリアル …続き (5/23)

WADAのバンカ委員長は「アンチ・ドーピング活動に求められるのはさらなるイノベーションだ」と検査手法の研究を急ぐ=ロイターロイター

 新型コロナウイルスの感染拡大が禁止薬物使用を取り締まるアンチ・ドーピング活動を直撃している。世界中で都市封鎖(ロックダウン)や移動制限措置が取られ、検査員がアスリートの自宅などを訪問する「抜き打ち検 …続き (5/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]