/

この記事は会員限定です

大学教員も働き方改革を 山本尚氏

中部大学教授(有機化学)

[有料会員限定]

日本から優れた研究論文が出にくくなって久しい。科学力の衰退の一因として大学の教員が研究にあてる時間が足りない点があげられる。今こそ大学教員の働き方を変える必要がある。

日本では研究者、科学者と呼ばれる大学教授らの大半が研究と教育とを分けずに働いている。能率的と言えない。各大学の判断で教授を「研究教授」と「教育教授」とに分けるのはどうだろう。

おそらく教育に専念する教授のなり手が少なく、研究から教育...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン