/

この記事は会員限定です

独自「接ぎ木」で新品種効率よく、グランドグリーンが資金調達

[有料会員限定]

「接ぎ木」技術を活用したアグリテックスタートアップのグランドグリーン(名古屋市)が、SOMPOホールディングスと個人投資家を割当先とする第三者割当増資で約2億5000万円を調達した。新技術の開発などに資金を充てる。

グランドグリーンは、2017年に創業した名古屋大学発スタートアップ。異なる種類の植物の茎を接着して1つの作物として育てる「接ぎ木」を活用して、植物の収穫量を増やしたり疫病に強くしたりする技術を持つ。接ぎ木は広く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン