独自「接ぎ木」で新品種効率よく、グランドグリーンが資金調達

2020/4/3 15:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「接ぎ木」技術を活用したアグリテックスタートアップのグランドグリーン(名古屋市)が、SOMPOホールディングスと個人投資家を割当先とする第三者割当増資で約2億5000万円を調達した。新技術の開発などに資金を充てる。

グランドグリーンは、2017年に創業した名古屋大学発スタートアップ。異なる種類の植物の茎を接着して1つの作物として育てる「接ぎ木」を活用して、植物の収穫量を増やしたり疫病に強くしたり…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]