/

この記事は会員限定です

現代アートに挑む老舗美術館 思考促す作品、観客刺激

[有料会員限定]

老舗美術館が相次ぎ、現代美術の展示を拡充している。専用の展示室を新設し、専門の学芸員を配備する。人気が高まっている現代美術を取り入れ、来場者の裾野を広げる考えだ。

大規模改装し、11日に開館する京都市京セラ美術館。本館に隣接していた収蔵庫が、新たに面積約1000平方メートルの現代美術の展示館「東山キューブ」に生まれ変わった。天井の高さは約5メートル。広々とした空間は、現代美術に欠かせない大がかり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1237文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン