横浜市、市立小中の授業再開を延期 20日まで休校

2020/4/3 10:37
保存
共有
印刷
その他

横浜市は3日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、8日から予定していた市立小中学校などの授業再開を延期すると決めた。6~7日の始業式や入学式は座席間の距離を確保するなどして実施し、20日まで臨時休校とする。感染者増加や神奈川県による臨時休校の要請などを受け、横浜市教育委員会が授業再開延期が妥当と判断した。

横浜市教育委員会が休校の延長について協議した(3日、横浜市)

横浜市教育委員会が休校の延長について協議した(3日、横浜市)

21日以降の対応は13日をメドに決定する。休校中の14~20日、週に1日程度登校日を設ける。仕事を休めない保護者らに配慮して一部の児童などを学校で預かる「緊急受け入れ」も実施する。

横浜市は3月30日に授業時間を短縮したうえで4月8日から授業を再開するとしていた。ただ、爆発的な増加ではないものの、横浜市でも感染者が増加傾向にあるうえ、隣接する東京都で急増しているため延期を決めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]