/

新型コロナ、世界の感染者100万人突破 死者は5万人に

(更新)

【ニューヨーク=野村優子】米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、米東部時間2日午後4時(日本時間3日午前5時)時点の新型コロナウイルスの感染者数は世界全体で100万人、死者は5万人を突破した。外出制限により世界の人口の4割超が自宅待機を迫られているが、世界的な感染拡大は止まっていない。新型コロナの対応は長期戦となりそうだ。

米国の感染者数は23万6339人、死者数は5648人となった。感染者数は世界の2割、死者数で1割を占める。重症患者を適切に治療できない「医療崩壊」の懸念も強まっており、病床や医療機器の確保が急務となる。アマゾン・ドット・コムは飛沫感染を防ぐ「N95」と呼ばれるマスクなどの一般販売を中止し、医療機関への供給を優先する。

特に、全米の感染者数の4割超を占めるニューヨーク州では医療機器の不足が深刻だ。2日に記者会見したクオモ・ニューヨーク州知事は「このペースで感染者が増えると、6日後に人工呼吸器が足りなくなる」と訴えた。人工呼吸器を必要とする患者は毎日350人ペースで増加。生産能力を持つ企業などに対し、「価格を上乗せして購入するのですぐに作って欲しい」と呼びかけた。

欧州では死者の増加が顕著だ。イタリアは死者が1万3915人となり、世界の3割弱を占めた。スペインの死者は2日、1万人を突破した。首都マドリードでは死者が増え続け、スケートリンクを臨時の遺体安置所としている。

もっともイタリアやスペインにおける感染者数の伸び率は低下しており、世界保健機関(WHO)幹部もイタリアについて「近く安定する」との見方を示している。イタリアの感染者数は11万5242人、スペインは11万238人となった。

欧州でも医療現場の混乱は続いており、マスクなど基本的な医療用具の不足でイタリアとスペインでは医療従事者数千人が新型コロナに感染。英国では、航空機大手エアバスやロールス・ロイスなどからなる企業コンソーシアムが2日、週1500台の人工呼吸器を生産できる体制を数週間以内に構築すると発表した。英ジョンソン首相が人工呼吸器などの生産支援を要請し、これに応じた。

ロシアではプーチン大統領が2日、5日までとしていた自宅待機を求める「非労働日」を30日まで延長すると発表。フランスでも、15日までとしていた外出制限を延期する可能性が示唆された。各国の新型コロナ対策は長期戦となりそうだ。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン