8/15 23:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
8月14日 141.220 +0.007

[PR]

商品ニュース

露エネルギー相「原油増産の計画なし」 供給過剰理由に

2020/4/3 0:28
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=石川陽平】ロシアのノワク・エネルギー相は2日、ロイター通信に、ロシアは原油を増産する計画はないと明らかにした。原油市場が供給過剰になっているためだと説明した。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど非加盟産油国による協調減産が3月末で終了したが、ロシアは当面、市場動向を見きわめる考えとみられる。

ウィーンでOPECとの会合に出席したロシアのノワク・エネルギー相(右)(2019年12月)=ロイター

インタファクス通信によると、ロシアの3月の原油生産量は日量1129万バレルだった。3月6日にOPECと非加盟産油国の減産協議が不調に終わった後、ロシア国営ロスネフチが増産に転じる可能性を示唆していたが、原油の供給過剰と価格急落を受けて増産を急がない姿勢に転じた。

ただ、ノワク氏は原油市場の現状について、増産の方針に転じたサウジアラビアとは協議していないと語った。トランプ米大統領は1日、ロシアとサウジが近く原油価格を巡る「戦争」の終結で合意すると信じると語ったが、先行きはなお見通せない状況だ。

ノワク氏は1日、ブルイエット米エネルギー長官と電話で協議した。トランプ氏とプーチン・ロシア大統領は3月30日の電話協議で米ロのエネルギー相が会談することで合意していた。だが、OPECとの協調減産の拡大に反対したロシアには米シェールオイルの市場シェアを低下させる狙いがあるとの見方が多い。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム