途上国の新型コロナ対策に800億円 外務省補正予算案

2020/4/3 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスに対応する経済対策を盛り込んだ2020年度補正予算案の外務省所管分の概要が分かった。アフリカや島しょ国など医療体制が脆弱な途上国を支援するため、国際機関などを通じ800億円規模を拠出する。医療従事者の能力向上や医療物資の提供に活用する。

マスクや防護服、人工呼吸器などの供与を想定する。対象とする機関には国連児童基金(ユニセフ)や「ワクチンと予防接種の世界同盟(GAVI)」、国連…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]