/

この記事は会員限定です

途上国の新型コロナ対策に800億円 外務省補正予算案

[有料会員限定]

新型コロナウイルスに対応する経済対策を盛り込んだ2020年度補正予算案の外務省所管分の概要が分かった。アフリカや島しょ国など医療体制が脆弱な途上国を支援するため、国際機関などを通じ800億円規模を拠出する。医療従事者の能力向上や医療物資の提供に活用する。

マスクや防護服、人工呼吸器などの供与を想定する。対象とする機関には国連児童基金(ユニセフ)や「ワクチンと予防接種の世界同盟(GAVI)」、国連開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り463文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン