その他スポーツ

テニス聖地、素早い決断 ウィンブルドン中止

2020/4/2 21:45
保存
共有
印刷
その他

テニスのウィンブルドン選手権(6月29日開幕予定)の中止が1日、決まった。新型コロナウイルス感染拡大のための措置。1877年に第1回大会が行われた同選手権が、2度の世界大戦以外で中止に追い込まれたのは初めて。テニス界は7月中旬の芝シーズン終了までツアーが中止となる。

【関連記事】ウィンブルドン大会中止 延期にせず

2度の世界大戦以外でのウィンブルドンの中止は史上初めて=USA TODAY

2度の世界大戦以外でのウィンブルドンの中止は史上初めて=USA TODAY

伝統や格式の高さで知られるウィンブルドン選手権。昨年もウィリアム王子、キャサリン妃をはじめ王族らが連日観戦に訪れた。四大大会随一ルールが厳しく、選手には白を基調としたウエアの着用が求められ、スポンサーも会場での看板掲示は認められていない。

開催国のテニス協会が主催する全豪、全仏、全米と違い、主催者がオールイングランド・クラブというプライベートクラブである点も特徴の一つだ。クラブが大切にするのはブランドイメージ。先が読めない中でギリギリまで開催を模索して突然中止したり、延期を決めて混乱を招くのはウィンブルドンのイメージを損ねる。それが素早い決断につながった。

大会期間中はウィンブルドンの町中が緑、紫、白の大会カラーで染まる。当日券を求める人が長い列をつくり、周辺民家は選手らの宿泊に貸し出されるのが伝統だ。中止による経済的ダメージの大きさも理解している。

ウィンブルドンは毎年300億円を超す収入を生み、余剰金も年50億円近くになる。主催者によると、チケットは払い戻され、ローンテニス協会(英国のテニス統括団体)への資金も払われる。放映権、スポンサー料も返還するという。

「我々は今、医療物資、食料の提供を始めた。ウィンブルドン基金からも地域団体を通じて地域に、赤十字などを通じてロンドン、英国全体に供給していきたい」と主催者。古めかしいと言われることもあるウィンブルドンだが、今回はその古き良き精神が発揮された。(原真子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 長崎県は6日までに、体操男子個人総合で五輪2連覇の内村航平選手(31)=リンガーハット=から、新型コロナウイルス感染症対策として顔認証付き検温器を寄贈されたと発表した。同県出身の内村選手は「故郷の皆 …続き (6日 21:32)

 日本卓球協会は6日、オンラインで理事会を開き、新型コロナウイルスの影響で来年1月の全日本選手権の予選が行えない可能性があるため、推薦出場枠を増やすことを決めた。本大会の開催可否は150日前となる8月 …続き (6日 20:55)

インクルーシブ・ゾーン・バスケットボールの授業。健常者と車いすの人が一緒にプレーを楽しんでいた(英ウースター大学アリーナで)


 それは初めて見るスポーツだった。英国ウースター大学のスポーツ関係学部の授業。アリーナで車いすの人と健常者が一緒にバスケットボールをしていた。正確には「インクルーシブ・ゾーン・バスケットボール(IZB …続き (6日 20:03)

ハイライト・スポーツ

[PR]