中国、店舗再開も客足遠く ウォルマート「来店半減」

2020/4/2 21:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=松田直樹】中国の消費回復がもたついている。新型コロナウイルスの感染拡大が一段落したとみて、政府が「復旧」をアピールし、閉鎖していた商業施設などの営業再開が急速に進んだ。ただ米ウォルマートや蘇寧易購集団など大手小売りの店舗では客足が戻らないままだ。映画館などは感染の恐れから再び休業に追い込まれた。消費の復活が遅れれば、小売業界での淘汰や再編圧力が強まるのは必至だ。

「客数は通常の半分以下だ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]