/

この記事は会員限定です

就労支援、AIで精度向上 八戸の施設など導入後押し

東奔北走

[有料会員限定]

人工知能(AI)の開発に不可欠とされる「アノテーション」。AIの精度を上げるため大量のデータに人間が正しい「注釈」を付ける作業だ。青森県八戸市の障害者就労継続支援会社「はちのへ東奥朝日ソリューション」は、三菱UFJリサーチ&コンサルティングなどと組み、全国の就労支援施設が同作業を導入するためのマニュアルや仕組みづくりに取り組む。

英語で「注釈」を意味するアノテーションの作業は、例えば収穫可能なトマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン