試練続き神奈川・箱根 新型コロナで強いられる持久戦
潜望展望

2020/4/6 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

首都圏最大の温泉地、神奈川・箱根の観光客が激減している。火山活動の活発化や大型台風の被害で5年前から客足が減ったところに新型コロナウイルスが直撃。旅館などは持久戦を強いられ、事業継続を危ぶむ声もあがる。度重なる逆風に耐えるには、資金繰り支援など地域ぐるみのサポートが欠かせない。

「赤字が続いて資金繰りが苦しい。限界に近づいている」。箱根にある小さな旅館の支配人は悲痛な胸の内を明かす。2019年の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]