/

マスク配布「不安拭えず」 政策順位に疑問と野党

野党は2日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、布製マスク2枚を全戸に配布するとした政府の方針に対し「それだけで国民の不安は払拭できない」(福山哲郎立憲民主党幹事長)などと指摘、優先順位の高い政策課題ではなかったと疑問を呈した。

福山氏は記者団に「マスク不足なので配布を否定はしないが、経済対策が出ていないのは非常に遺憾だ。マスクと共に、補償もしますと言ってほしかった」と述べ、休校要請やイベント自粛などに伴う損失補償の必要性を訴えた。

共産党の志位和夫委員長は記者会見で「医療、介護という、まずマスクが届くべきところに届いていない実態への具体策がない。やる気があるのか」と批判。社民党の吉田忠智幹事長も会見で「やらないよりはやった方がいいが、現金給付を急ぐべきだ。優先順位が違う」と語った。

一方、国民民主党の大塚耕平代表代行は会見で「根本的な対策にはならないが、マスクがなくて不安な家庭もある。否定するつもりはない」とした。政府にはマスク不足の原因を調査し、解決するよう求めた。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン