/

熊本市長、在宅勤務へ 「テレワーク推進を」

熊本市の大西一史市長は2日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、3日から自らが在宅勤務にすることを明らかにした。企業や市民がテレワークに切り替えるきっかけをつくるのが狙い。記者会見で「感染爆発を起こす前の今が終息させる好機。(テレワークへの)協力をお願いしたい」と呼びかけた。

大西市長は対策会議や記者会見の際は出勤する。職員のテレワークを進める考えも示した。市民に対しては平日、週末を問わず、不要不急の外出や県外への移動を自粛することを要請している。

熊本県の感染者は15人で、うち13人を熊本市が占めている。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン