栃木県、新型コロナ感染発生自治体名を公表へ

2020/4/2 18:48
保存
共有
印刷
その他

栃木県は2日、第12回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、県の基本的な対応方針を決めた。2日以降に感染が確認された患者については、感染者の居住地と感染を確認した医療機関のある自治体名を公表する。これまでは健康福祉センターの管轄する地域の公表にとどめていた。

県内では2日までに17人のコロナウイルスの陽性患者が見つかった。同日、取材に応じた福田富一知事は「保健所の管内では対応できなくなっている」と述べた。東京都は1日から区市町村別に公表している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]