ハウスマート、アルヒと業務提携

2020/4/2 18:07
保存
共有
印刷
その他

不動産関連スタートアップのハウスマート(東京・中央)は住宅ローン仲介大手のアルヒと業務提携した。ハウスマートが提供する中古マンション営業支援ツール「プロポクラウド」にアルヒの事前審査サービスを追加し、迅速に住宅ローンの借り入れ可能額が分かるようになる。成約後に審査に通らないケースを防ぎ、担当者が効率的に営業できるようにする。

ハウスマートが提供する不動産仲介会社向けサービス「プロポクラウド」の利用画面

プロポクラウドは不動産仲介企業の営業担当者に代わり、顧客の希望条件に合う中古マンションを自動的にメールで案内するサービス。独自に開発したソフトウエアで物件情報をネットから集め、顧客に合う物件を自動抽出する。手作業に比べてはるかに多くのメールを送ることができる。

しかし顧客が購入したい物件があっても成約後に住宅ローンの審査に通らなかったり、借り入れ可能額が希望よりも低くなったりする場合がある。担当者が半年以上かけた営業が、審査結果で徒労に終わることも多かった。こうした非効率な検討を防ぐため、同サービスにアルヒが提供する「家探し前クイック事前審査Pro」を組み込む。

アルヒの事前審査はスマートフォンなどから専用ページにアクセスし、年齢や勤務先企業、年収などの情報を入力すると最短1分で借り入れ可能額がわかる。この情報を不動産仲介会社と同時に共有できるため効率的な営業ができるようになる。製品の利便性を高め、より多くの仲介会社店舗で利用してもらう狙いだ。

(野元翔平)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]