/

この記事は会員限定です

「後世に残るのは人が心血注いだ作品」原哲夫氏

漫画家

[有料会員限定]

「AI(人工知能)は創作の助けになるかもしれないが、残るのは人が心血を注いだ作品だ」。漫画「北斗の拳」や「花の慶次」の作画でいまなお圧倒的な人気を誇る原哲夫氏(58)はこう強調します。AIを実験的に活用する動きも見られる漫画界ですが、大事なのは情熱だと言い切ります。テクノロジーと創作はどう交わるか。漫画家の視点から10年後の世界を占います。

原哲夫氏(はら・てつお) 漫画家。1961年東京生まれ。83年連載開始の「北斗の拳」(武論尊原作)が爆発的人気に。今年、「花の慶次~雲のかなたに~」が連載30周年を迎える。現在は「前田慶次 かぶき旅」「蒼天の拳 リジェネシス」などの原作を手掛け、「月刊コミックゼノン」で連載中。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り765文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン