/

山口FGが農業法人設立、まずはワサビ栽培

山口フィナンシャルグループ(FG)は農業法人、バンカーズファーム(山口県下関市)を設立した。資本金は3000万円、従業員は社長を含めて3人。農家の減少や耕作放棄地の増加などの地域課題に対応し、持続可能な農業モデルの構築を目指す。まずは岩国市内で畑ワサビの栽培を10月から始める。

岩国市錦町に栽培面積30アールのハウスを建て、10~12月に超促成栽培の苗を定植。来年5~6月に収穫して、練りワサビの加工メーカーに販売する計画だ。並行して露地での慣行栽培にも取り組む。バンカーズファームの植木智規社長は「5年目には2ヘクタールに拡大したい」と話す。自社で生産するだけでなく、農作業の受託も行う予定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン