/

この記事は会員限定です

大分県と米社提携、航空機から人工衛星打ち上げ

[有料会員限定]

大分県と米ヴァージン・オービット(カリフォルニア州)は宇宙ビジネスで提携した。オービット社は航空機を利用して空中から人工衛星を打ち上げる事業を手掛ける。大分空港(同県国東市)を拠点とする技術研究に県と共同で取り組む。早ければ2022年に大分空港を飛び立った航空機から衛星を打ち上げることを目指す。

オービット社は米ボーイングの「747-400型」の改造機を利用し、機体につり下げた人工衛星を空中から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り326文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン