/

この記事は会員限定です

外国人活用、今こそ共生型に 多様性の尊重に期待

こだま

[有料会員限定]

農業の盛んな茨城にいると、今更ながらアジアを中心とする外国人の技能実習生が不可欠な担い手であることを実感する。しかし新型コロナウイルスの感染が広がるにつれ、実習生の入国が難しくなってきたようだ。

水戸市の監理団体によると「人数の多いベトナム人は確保できたが、新型コロナによる移動制限などで中国人が入国できなくなった」。福島第1原子力発電所の事故時のように「日本から出て行く実習生が出ないかが心配だ」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り864文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン