線は踊る 詩人 四元康祐

2020/5/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ドイツからベルギーへ行くと、かすかな眩暈(めまい)に襲われる。ドイツでは道路も壁も定規で引いたような直線で、森の木々ですら真っ直(す)ぐに立っているのに、ここではすべての線が曲がり、捻(ねじ)れ、打ち震えている。部屋の間取りは濫(みだ)りに多角形で、直角など望むべくもない。空間は三次元を優に超えて、フラクタルに増殖してゆくかのようだ。

ドイツの直線が思考の論理性や杓子定規(しゃくしじょうぎ)な規…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]