/

この記事は会員限定です

しょうゆ産地にジン蒸留所 金沢の企業が夏開設

[有料会員限定]

醤油(しょうゆ)や味噌の産地として知られる金沢市北西部の大野地区に8月、スタートアップ企業のアレンビック(同市)がクラフトジンの蒸留所を開く。香り付けに山椒(さんしょう)など日本らしい素材を使い、10月にも出荷を始める。海外に輸出するほか、同市内のレストランに提供する。大野地区の新しい観光資源としても売りこむ。

ジンは大麦やジャガイモなどを原料とする蒸留酒で、香りを付けるため「ジュニパーベリー」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン