/

この記事は会員限定です

東京理科大が長万部キャンパス休止へ、大学にも影響深刻

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大が北海道の大学教育にも深刻な影を落とし始めている。東京理科大学は全寮制の長万部キャンパス(長万部町)での学生受け入れを2020年度は見送る方針を決めた。北海道大学も20年度の授業開始を5月の大型連休明けまで延期しており、新入生にとっての学生生活は波乱含みのスタートとなりそうだ。

東京理科大長万部キャンパスは長万部町中心街南西の高台にある。例年は基礎工学部1年生(定員36...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り913文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン