働くということは人生の半分を決めることだ
新社会人に贈る4つのメッセージ(1)

Life is MONEY
ライフプラン
コラム
学ぶ
2020/4/6 2:00
保存
共有
印刷
その他

今年は新型コロナ対策のもと行われた入社式が多かった(マスク姿で入社式に出席した大日本住友製薬の新入社員、1日午前、大阪市中央区)

今年は新型コロナ対策のもと行われた入社式が多かった(マスク姿で入社式に出席した大日本住友製薬の新入社員、1日午前、大阪市中央区)

今月のテーマは「新社会人とお金」です。この春新卒社会人となった人たち、また、働き始めてまだ数年くらいの若い世代にお金と人生についてメッセージを発信しようと思います。

~新社会人、就職おめでとう!~

この4月に新社会人となったみなさん、就職おめでとうございます。この春は新型コロナウイルスの影響で内定取り消しをした企業があると報じられるなか、ドキドキしながら入社式を待っていたという人もいるかもしれません。大企業では入社式を行わなかったケースもあるようです。

しかし、2020年の4月はあなたの人生の大きな転換点であることは間違いありません。

あなたはこれから「親や社会に支えられてきた」時代を終え、「自分で自分を支える」「自分は社会を支えるひとり」のステージに入るからです。

また数年前に就職した人は、通勤途中などに新社会人を目にして、思いを新たにしていることでしょう。みなさんの数年は、どんな時間だったでしょうか。新社会人より成長した姿を職場で見せることができるでしょうか。

~これからの人生、10万時間以上仕事をする~

大学卒業をした人の年齢が22歳6カ月だとすると、今まで19.7万時間を過ごしてきたことになります。たぶん、小学校より中学、中学校より高校、高校より大学のほうが、世界が広がり濃密な時間を過ごしてきたことでしょう。

そして、自分はそれなりに成熟した大人だと思っているかもしれませんが、人生100年時代ともいわれる現在、過ごしてきた時間はまだ人生の20%くらいでしかありません。

仮にあなたが22歳から65歳まで43年間働くとしたら(70歳まで働く可能性のほうがもう高いですが)、週5日、通勤時間も含めて毎日10時間くらいは仕事にかかわるでしょうから、11.2万時間くらいは仕事をすることになります。そう考えると、あなたが学校で過ごしたすべての時間に匹敵するくらいの長いたくさんの時間を、これから仕事をして過ごすことになります。

あなたの社会人人生はまだまだこれからです。「社会人になったことはゴール」ではなく「社会人になってからがスタート」だと思うくらいの気持ちが必要です。

~人生のお金の問題の半分は仕事で決まる~

あなたのこれからの仕事は、あなたの人生を半分以上決定づける要素です。あなたの「収入」とあなたの「支出」は人生の裏と表でセットになるからです。

あなたが仕事をすればその報酬として給与や賞与を得ます。それがあなたの収入です。そして収入を得た範囲で日常の買い物のすべてが決まります。

最初は1000円のランチなど夢のように思えますが、あなたがしっかりキャリアアップすれば40~50歳代には1000円のランチに手が届くかもしれません。多く稼げた人は高額の消費ができます。

新型iPadを買いたいとか、旅行にでかけたいとか、今より5平方メートル広い部屋に住みたいとか、「たくさんの消費」を行いたいとしたら、それはすべて「稼いだ収入の範囲」で実現していくことになります。

これからの人生、生きていくこと(飲み食いや生活コストを払っていくこと)は、稼ぐこととイコールなのです。

~あなたの学びはこれからも続いていく~

あなたの能力を高める方法はいくつかあります。そしてそのほとんどは「これから獲得」していくことになります。

入社面接では大学で学んだ知識について語ったと思いますが、その知識は仕事の土台でしかありません。働き始めてみると、現場の仕事に学校の知識は少ししか役立たないことに驚くでしょう。

むしろこれから学ぶことのほうが「あなたの稼ぐ力」となります。これから何十年も働くにあたって、同時に学び続けていく必要もあります。

また、新卒のとき考えていたキャリアビジョンがこれから変わっていくこともあります。私自身も、ファイナンシャルプランナーという仕事は22歳のとき知りませんでした。28歳のとき、あるきっかけで資格を取ったことで人生は大きく変わりました。そういう転換点が訪れたときも「これからの学び」が大事になります。

人生のレールをすでに敷かれたものと決めつけないように学んでいってください。今とは違う会社で働いたり、今はまだない、これから新しく誕生する仕事に従事するきっかけがあったりするかもしれません。

今のあなたの「稼ぐ能力」もまだまだです。できれば数十年掛けて300%くらい伸ばしたいものです。

能力が高い人は高い年収をもらうチャンスを手にします。学び続けることはあなた自身がより魅力的な人材として高い報酬を得る礎となるはずです。

始まったばかりの、あなたの社会人人生。Life is MONEYについて考えていきましょう。

◇  ◇  ◇

「FP山崎のLife is MONEY」は毎週月曜日に掲載します。

山崎俊輔(やまさき・しゅんすけ)
フィナンシャル・ウィズダム代表。AFP、消費生活アドバイザー。1972年生まれ。中央大学法学部卒。企業年金研究所、FP総研を経て独立。退職金・企業年金制度と投資教育が専門。著書に「読んだら必ず『もっと早く教えてくれよ』と叫ぶお金の増やし方」(日経BP)、「大人になったら知っておきたいマネーハック大全」(フォレスト出版)など。http://financialwisdom.jp

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]