文書読解サービスを多言語化 コージェントラボ、14億円調達

2020/4/2 11:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)開発スタートアップのコージェントラボ(東京・港)は、第三者割当増資で14億円を調達した。アイザワ・インベストメンツ、iホールディングス、コムチュア、三井住友トラスト・インベストメントが引き受けた。累計調達額は42億円となった。

新規資金でAIで文書を読解する「Kaidoku(カイドク)」などの既存サービスを多言語化する。人手不足で培った読解技術をアジアを中心に展開し、収益拡大を狙…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]