/

ながら運転62%減少 厳罰化後の取り締まり件数

スマートフォンなどを操作しながら車を走行させる「ながら運転」に対する警察の取り締まり件数は、昨年12月に罰則が強化されてから3カ月間に6万4617件で、前年同期(17万2465件)と比べ62.5%減少したことが2日、警察庁のまとめで分かった。

ながら運転による交通事故は363件で、前年同期(660件)から45.0%減少。うち死亡事故は7件(前年同期比2件減)、重傷事故は34件(同12件減)だった。警察庁の担当者は「厳罰化の影響で運転中に携帯電話を使用する人が減少した」とみている。

警察庁によると、交通事故363件の都道府県別では、福岡が最多の40件で、東京と埼玉の28件、兵庫の23件が続いた。

昨年1年間のながら運転取り締まり件数は71万6820件、事故件数は2645件で、うち死亡事故は42件、重傷事故は188件だった。

ながら運転を巡っては、2016年に愛知県一宮市でスマホ向けゲーム「ポケモンGO」をしながら運転していた男のトラックに小4男児がはねられ死亡するなど悪質な事故が相次ぎ、昨年12月1日施行の改正道交法で罰則が強化された。

運転中の通話やアプリ操作などは「携帯電話使用等(保持)」に問われ、罰則は「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」、違反点数は3点で普通車の反則金は1万8千円。さらに「交通の危険」を生じさせた場合は「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」で違反点数は6点。反則金規定はなく直ちに刑事手続きの対象となる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン