新種の深海生物にプラ粒子 6千メートル超のマリアナ海溝

2020/4/2 9:36
保存
共有
印刷
その他

太平洋のマリアナ海溝の水深6千メートルを超える深海で見つかった新種の甲殻類の体内に、プラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」が含まれていたと英ニューカッスル大の研究グループが2日までに明らかにした。「海のマイクロプラスチック汚染の広がりを示す調査結果だ」と指摘している。

マリアナ海溝で見つかった新種のオキソコエビ「エウリセネス・プラスティクス」の幼生(左下)と成体(英ニューカッスル大提供)=共同

オキソコエビと呼ばれる深海生物の一種で、半球形の体とひげ、とがった尻尾などが特徴。グループは、プラスチックにちなんだ「エウリセネス・プラスティクス」との学名を付け「汚染をなくすために早急な行動が必要なことを訴えようと考えた」と説明した。

グループは、2014年11月、米国のシュミット海洋研究所の調査船を使って、太平洋のグアム島に近いマリアナ海溝の6010~6949メートルの深海で多数のオキソコエビの仲間を捕獲した。この中から遺伝子や形態の分析から新種とみられるオキソコエビの成体3匹、幼生8匹を発見した。

1匹の幼生の消化管から、長さ約650マイクロメートル(マイクロは100万分の1)の繊維状のマイクロプラスチックが見つかった。ペットボトルや合成繊維などに使われるポリエチレンテレフタレート樹脂とみられるという。

マイクロプラスチックは、海に出たプラスチックごみが太陽光の紫外線や波によって壊れるなどしてできる。広範囲の海洋汚染が問題となり、生態系への悪影響や人の健康への懸念も指摘されている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]