/

イタリア、外出制限措置を13日まで延長 コロナ警戒続く

【ジュネーブ=細川倫太郎】イタリア政府は1日、新型コロナウイルスの感染阻止に向けた外出制限などの措置を13日まで延長すると発表した。当初は3日までの予定だった。感染者拡大の速度は鈍化してきたものの、減少には至っていないため、警戒モードを継続する。

イタリアのコンテ首相=ロイター

記者会見したコンテ首相は「国民にさらなる努力を求めていることは自覚している。だが、今、措置を緩めたらこれまでのすべての努力が無駄になる」と話した。イタリアでは全土で原則、外出を禁止にしているほか、生活に必須でない店舗や工場も閉鎖している。

イタリア市民保護局によると、1日までの累計の感染者は前日から4782人増えて11万574人となった。死者は727人増の1万3155人と、世界最多となっている。ただ、少しずつ感染の勢いは弱くなっていることから、イタリア国立衛生研究所はピークには達したとの見解を示している。コンテ首相は「(収束の方向に)データが確実になれば、措置を緩める」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン