/

NYの交通機関、職員にコロナ感染拡大 混乱深まる

【ニューヨーク=河内真帆】新型コロナウイルスの感染拡大を受け、公共交通機関の運行に影響が広がっている。地下鉄やバスの運行を担うニューヨーク州都市交通局(MTA)の職員に感染が広がり犠牲者も出ている。減便により車両が混雑し、乗客が感染防止の距離を保てないといった不満も出ている。

MTAの全職員7万4000人のうち、3月末時点で約8%にあたる6000人が病欠している。このうち3300人は隔離中で約600人が陽性と確認された。地元紙の報道では最低でも9人が新型コロナの犠牲になったという。

ニューヨーク市の地下鉄は通常、平日に平均約550万人の利用があるが、外出禁止令や学校の閉鎖に伴い乗客数は9割減った。利用者の減少や職員不足を背景にMTAは3月25日から運行を縮小。地下鉄では平均で20分に1本というダイヤになった。

しかし医療関係者など通勤が必要な人々の需要は残っており、時間帯によっては車両が混雑している。感染を防ぐために人々が距離を保つ「ソーシャル・ディスタンシング」の基準となる6フィート(約2メートル)を守れないとの懸念も出ているという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません