/

この記事は会員限定です

コロナ検査、時間短縮カギ 審査簡素化に余地

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染を調べる検査の開発が進んでいる。現在主流のPCR検査は4~6時間かかるが、繊維メーカーのクラボウが手掛ける血液検査は10~15分程度で済む。PCR検査でも時間を短縮できる新たな機器が登場してきた。ただ感染の急増に備えるには、国には医療機関で広く使える体制づくりが求められている。

クラボウの血液検査は簡易鑑定の手法としてドイツやシンガポールなどで活用されている。イムノクロマ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン