日韓、新型コロナで連携 高官協議、徴用工問題も

2020/4/1 21:41
保存
共有
印刷
その他

外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長は1日、韓国外務省の金丁漢(キム・ジョンハン)アジア太平洋局長とテレビ会議方式で協議し、新型コロナウイルス感染症に関し、情報共有と連携を進めることで一致した。両国間で懸案となっている元徴用工訴訟問題についても協議した。

滝崎氏は元徴用工問題について「日韓関係へ深刻な影響を与える(被告日本企業資産の)現金化は絶対に避けるべきだ」と主張。両氏は早期解決の重要性と外交当局間の意思疎通の継続を確認した。日本の対韓輸出規制強化についても話し合った。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]