9都県市が共同メッセージ 「不要不急の外出控えて」

2020/4/1 21:06
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都や埼玉県、千葉県など9都県市は1日、テレビ会議を行い、住民に向けた共同メッセージを取りまとめた。密閉空間など感染リスクが高い場所での注意や、不要不急の外出自粛を呼びかけた。

他に参加したのは神奈川県、横浜市、千葉市、さいたま市、相模原市、川崎市の9都県市。これまでも災害対策での連携などを話し合っており、この日の会議は座長を務める川崎市が主導して情報共有や共同メッセージの内容を検討した。

東京都の小池百合子知事は会議で「住民の命を守って安心した生活を取り戻すためにも、改めて一丸となって立ち向かっていかなければならない。9都県市のネットワークを有効に活用して速やかに情報共有を図るなど、これまで以上に連携を深めたい」と話した。

都は3月26日、神奈川、千葉、埼玉、山梨の4県とも、不要不急の外出自粛などを住民に求める共同メッセージを採択した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]